基本的にチェーンは鎖を用いた金属製とゴムなどを用いた非金属の2種類に分かれますが、どちらも一長一短があります。
非金属チェーンの欠点としてまず挙げられるのは、金属製に比べて耐久力がどうしても下回ってしまうという点があります。


そのため、高速道路で長時間走ったり、雪の少ない場所で走った場合に切れてしまう可能性があり、その際には車自体も傷付けてしまう事もあります。
また、網目が細かいので雪質によっては目詰まりしやすくなってしまう場合もあるので、水分が多い雪が積もっている路面に対しては注意が必要となっています。
車を動かす必要が無かったり、ジャッキアップも必要ない帯状タイプが現在の主流となっていますが、装着性が向上した分振動が増えたり、多少ですがグリップが劣ってしまったりします。
最近では布製のチェーンがあり、収納や携帯性に優れていますが使い捨てといった面が強く、チェーン規制がかかっている時には使用ができないので、あくまでも万が一の際の応急処置的な役割に近くなっています。
どちらの種類であっても装着する際に雪が降っているような状態なので、着脱は不便で大変なケースが多く、冬の時期はスタッドレスに履き替えるのが一番となっています。