雪道の走行は、ノーマルタイヤの自動車では非常に滑りやすくて危険であるため、より簡単な方法としては、滑りにくいような溝を設けるなどの工夫を施したスタッドレスタイヤに履き替えるという方法があります。
それでも積雪量をはじめとして、道路の状態によってはスタッドレスタイヤにも限界があるため、さらに安全に走行するためには、昔から活用されているチェーンをタイヤに巻きつけて走行するという方法があります。


チェーンには金属製と非金属製のものがあり、かつては金属製のほうが一般的で、たしかに強力なグリップ力を誇っていましたが、重くて扱いにくく、速度がかなり低くなってしまうという弊害もあって、現在では非金属チェーンのほうに人気が集まっています。
非金属というのはゴムやウレタンなどの特殊な素材でできたチェーンですが、金属のものよりも汎用性が高く、雪道以外であっても、例えば水分を含んだぬかるみの道路や凍結した道路でも威力を発揮します。
また、金属よりも柔軟性があることから、使用している途中で切れてしまったりといったアクシデントもなく、使い回しが効くというのもメリットのひとつといえます。
金属製よりも多少価格が高いのは難点ですが、軽くて扱いやすいということもあって、初心者にも比較的なじみやすいものです。