非金属チェーンはメリットもありますが、デメリットとしては金属製のものと比較して高価という点が上げられます。
年に何回も使用するというわけでなければ、長持ちさせることが出来るので多少の金額差も気になりませんが頻繁に利用をするのであれば、磨耗なども考えると金額が高いというのは大きな負担となってしまうものです。
非金属のものは金属のものと比較して切れにくいという利点はありますが、切れてしまった時の費用の負担が大きいので経済的な負担はどうしても大きくなってしまいます。


 

また、非金属というのは経年劣化が激しいため年数がたつほど耐久性が劣ることになってしまうため、その度に買い替えなければならなくなってしまうため、お金がかかりやすいという欠点があるのです。
金属チェーンと比較して乗り味などに優れる一方で、金銭面での問題が大きいため金属のものにするか非金属のものにするかは用途や予算との相談になってしまいます
お金に糸目をつけないというのであれば問題とはなりませんが、そのような人はそれほど多くなく大多数の人にとって費用の問題というのは大きなものと買ってきますから、非金属のものの高価というのはチェーンを使う上での欠点となってしまいます。