タイヤチェーンといえば、スタッドレスタイヤと並んで、冬の雪道を走行する上で欠かせないものであるといえます。近年では、装着に時間がかからないことから、非金属チェーンが主流となってきています。装着や取り外しの作業工数が少なくて済むので、誰でも簡単に装着できる。金属製チェーンと比べて運転中のノイズや操作感も快適。このように、良いことばかりに見えますが、実は、ひとつだけデメリットがあります。それは、脱着時の利便性ゆえに、サイズが大きくなり、収納時にかさばってしまうことです。金属製チェーンの装着が大変なのは、タイヤに装着する際に多くの箇所に対して、結合用のゴム等を取り付ける必要があるからといえます。それに対して、非金属製は、その手間を省いて、できる限り最小限の結合数で済ませるように設計されています。つまり、タイヤから外した際には、細かく分解できない為、必然的にその筐体は大きくなってしまいます。よって、収納ケースも大きくなり、かさばることにつながってしまいます。


脱着時の利便性をとるか、コンパクトな収納をとるか、実際に利用する人の判断にはなりますが、購入の際には実物を見てサイズを確認しておくべきではないでしょうか。