自動車は今や国民的に普及しており、移動のために便利な乗り物ではありますが、運転には細心の注意を払わないと、さまざまな事故に遭うリスクが高まります。
特に、雪が降っているときや、路面が凍結しているときなどの走行については、どんなに運転歴が長い人であっても、ノーマルタイヤのままではスリップしやすく、たいへん危険なものとなります。


そこで、冬用のスタッドレスタイヤを履くという方法が一般によく用いられていますが、通常は事前にその季節に備えて履き替えておく必要があり、突然の悪天候のような場合には対応が難しいほか、制動能力にも限界というものがあります。
こうした場合に活躍するのがタイヤチェーンであり、スタッドレスタイヤなどよりもすぐれたグリップ力で、雪が積もった路面などでも安定して走行することが可能となります。
このようなタイヤチェーンには、従来からある金属チェーンと、最近の流行となっている非金属チェーンとがありますが、特に非金属のほうについては、軽量で扱いやすく、装着して走行したときの騒音や振動などの不快感がかなり緩和されているほか、ある程度の高速走行や乾いた路面についても対応ができるといったメリットが大きいという特徴をもっています。