スキーやスノボを楽しむために、スキー場に車で向かう際には雪に対する備えをきちんと行うことが大切です。
雪が降っていないからといって、こうした備えを怠ると、チェーン規制などによって高速道路などを走行できなくなる場合もあります。
スタッドレスタイヤを持っている人であれば、走行前に交換しておけば済む話ですが、そうした備えがない人はチェーンを携行しておくことが有効です。
チェーンには金属製のものと、樹脂などでできた非金属チェーンがありますが、より高い走破性があるのが金属製のものです。
しかし、雪が積もっている状態であれば良いのですが、雪がなく、路面が露出している状態で使用すると、非常に激しい振動を起こしたり、走行時の騒音も大きくなってしまいます。


これに対し、非金属のチェーンは、雪が無い路面であっても振動が少なく、また騒音も大幅に軽減することができるのがメリットです。
また、タイヤに装着する際にも、ねじれなどが起こりにくいため、装着しやすいのが利点となっています。
ただ、走破性の面では金属製に劣る部分があるため、走行する地域や天候に合わせて使用するチェーンを選択することが大切です。
また、安価なものでは耐久性が低いものもあるため、注意が必要です。