耐久性に欠けるのが難点

| 未分類 |

雪が積もった道路をノーマルタイヤで走行すると、容易にスリップを起こしてしまい危険であるため、タイヤにチェーンを巻いて走行することがよく行われます。このチェーンは材質の違いによって、金属のものと非金属のものとに分けられます。
金属チェーンは昔から利用されているものであり、ニッケルなどでつくられているため、安価で耐久性が高く、性能も優れているといった特徴があります。ただし、重くて扱いにくいといった欠点もあるため、最近ではゴムやウレタンなどでつくられた非金属チェーンのほうが、どちらかといえば人気のものとなっています。


非金属である場合には、軽くてタイヤへの着脱なども金属のものよりも容易といった利点があり、性能としても金属チェーンには及びませんが、かなり高いレベルまで進化してきているといえます。そのいっぽうで、材質の違いから金属のものよりも耐久性に劣っており、シビアな使い方をすると途中で切れてしまうといったことも難点として挙げられます。
最近では日本自動車交通安全用品協会が基準を定めてタイヤ滑り止め装置認定品制度を導入するなどしており、こうした高品質の製品を選ぶことでアクシデントを回避することができます。